論より証拠!!実証、防犯フィルムの性能!!!

  • HOME
  • ブログ
  • 論より証拠!!実証、防犯フィルムの性能!!!

昨日から緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ自粛ムードは続きそうですね。

自粛疲れの中、3Mジャパンさんの防犯フィルム性能テスト動画をアップしちゃいます。

まずは、こちらをご覧ください。

1枚目のガラスには通常の飛散防止フィルム

バットで叩くと飛散をかなり抑えられることが証明されますが、防犯としてはいまいちですね。

 

2枚目は防犯フィルム

こちらは、バットで数回叩いても貫通せず、侵入困難なことが証明されました。

 

空き巣被害の60%は窓からの侵入

空き巣被害の60%は窓からの侵入するというデータがあり、手法として大きく3つに分けられます。

 

1 こじ破り(三角破り)

 これは、日本独特のガラス破りの方法で、あまり大きな音を出さず短時間で解錠ができます。

手法としては、ドライバーを使って引き違い窓の錠前の部分をサッシのガラス溝に差し込み、

こじる様にして指が入る程度の穴をあけ、サッシの錠前を直接開錠してしまう方法です。

使用道具はドライバー1本でできますし、以外にも最も多い手法です。

 

2 打ち破り

この方法は物を投げ込んだり、道具を用いてガラスを叩きつけるよう破壊して侵入する方法です。

使われる道具は様々ですがドライバーやコートの下に忍ばせることができる小型バール、

ボストンバック等で運ぶことができる中型バール・ハンマーやレンガ、庭においてある植木鉢などの

ケースもあり、手軽に行える犯行としてこちらも昔からある手法です。

ガラスが割れる時大きな音が出るデメリットがありますが、最短時間で侵入が出来るので、

住民や警備員が来る前に目的を達成してしまおうとする、空き巣にとって最も効率的な手法とも言えます。

 

3 焼き破り

他の方法と比べてまだまだ少ないが、最近になって話題になり始めたガラス破りの方法です。

最大の特徴はかすかな音しか出ないことにあります。薄手のコップに沸騰したお湯を注ぐと割れるのと

同じように、急激な温度変化に弱いガラスの特徴を利用した火と水を使う方法です。

道具はポケットの中に入ってしまい分かりにくいです。

近年では、ホームセンターに売っているガスバーナーと冷却スプレーを交互に使用し、急激な温度変化を

おこし、ガラスを割る等、手法が多彩化しております。

 

このように空き巣の侵入方法は近年多彩化されておりますが、空き巣が見るだけで逃げる魔法のような

マークがあります。

それが、CPマークです。

CPマークとは?

このマークの使用が許されるのは、警察庁・ 国土交通省 ・ 経済産業省 と民間関係団体で

構成される「官民合同会議」が行う厳しい試験にパスし、住宅などの侵入に5分以上耐えられると

評価された防犯性能の高い建物部品に与えられます。

「5分」という時間は、約7割の窃盗犯が侵入をあきらめるとされているものです。

まさに空き巣泣かせのマークですね。

 

いかがでしたでしょうか?

空き巣手口を知れば、自ずと対策が見えてきたのではないでしょうか?

論より証拠!動画を見てからだとただの文書も説得力をもちますね。

もちろん当社でも防犯フィルムのお取り扱いをさせて頂いておりますので、

ご興味のある方は是非一度、お話が聞きたいとご連絡ください。

当社では、「負けるな!コロナキャンペーン」として、今だけ、施工価格30%OFFで

ご対応させて頂きます。

※キャンペーンは予告なく終了する場合がありますので、ご連絡の際に

キャンペーンの適用希望の旨、お伝えください。

 

 

 

お問い合わせ お問い合わせ

窓フィルム施工で安心して暮らせる住まいに。 窓フィルム施工で安心して暮らせる住まいに。
  • 2年に一度の
    無料訪問
    サービス!
  • 7年間の無料保証
    サービス!
  • JIS規格合格の
    高性能フィルム!

0439-77-1161

※施工中は電話に出られない場合がございます。

ご予約・お問い合わせはこちら

Instagram Twitter Facebook